ナンをフライパンで上手に焼くには?

ナンをフライパンで上手に焼くには?

 

ナンをフライパンで上手に焼くにはどうしたらよいのでしょうか?(゜o゜)

 

フライパンを使ったり、オーブンを使ったりしてお手製のナンを作ってはみたものの、小麦粉団子みたいな味になってしまった方も多いようです

 

 

インド料理のお店で食べるナンは、専用のタンドールという窯で焼かれていて、この窯の温度は350度とも言われています

 

 

その高温で一気に焼かれて、あのもちっとふわっとした食感が生まれるのです

 

 

家庭でナンを作る場合、せめて発酵がうまくいくようにこころがけるのがコツの一つです

 

 

おうちでお茶などを飲むときに使っているポットの上は、常にお湯が保温されているのでぽかぽかしていますね
\(^o^)/
その上にナンの生地を置いて寝かせておくと、発酵が結構うまくいきます
もちろん蒸気の吹き出し口を避けて置いておかないと固まってしまいます
(゜▽゜)

 

 

お家のフライパンでナンを作るのもいいですが、
フライパンで作るのに向いているのはチャパティです

 

 

チャパティは薄く生地をのばしてフライパンで両面を焼いてからガスコンロの直火にあててふくらませます

 

 

カリッとした食感が楽しめて、カレーにぴったりです

 

 

どうしてもお手製ナンがフライパンでうまく焼けない方は、チャパティ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

チャパティの作り方

 

デリー カレー
デリーの辛いカシミールカレー&本格インドカレー