チャパティとナンの違いって?

インド料理のナンとチャパティ

 

インドレストラン 神戸アールティーの本格インド料理

 

インド料理のナンもチャパティも、インドでは日常的に食べられている主食です

 

 

ナンは三角、チャパティは丸型というのが日本人の認識ですが、実際はナンも丸く調理されたりしています

 

 

ナンとチャパティの違いってなんでしょうか??

 

 

ナンが強力粉とヨーグルトの中の菌やベーキングパウダーで発酵させて作るのに対して、
チャパティは普通にいつも家庭の台所にある、普通の薄力粉で作られています

 

 

また、ナンよりもチャパティの方が使用する材料が少なく
ナンがもちもちカリっとしているのに対し、
チャパティの方は食感が若干素朴な味わいとなっています

 

 

また、チャパティはタンドールという専用の窯が無くても作れるので、インドの家庭でも手軽に作られています
ナンは日本のオーブン250度を超える300度以上の高熱の窯で焼かれています

 

今はどうなのか知りませんけど、現地ではチャパティは庶民の食べ物・ナンはセレブがよく食べる物って認識だったそうです

 

それを考えると、日本はやっぱり恵まれている国なのかもしれませんねぇ
(゜o゜)

 

 

チャパティはお家でも簡単に作ることができ、あまり失敗はしませんが、トップページのオーブンで焼いたナンが失敗した時と同様に、
失敗すると学生の頃に料理が下手なお友達からもらった小麦粉団子みたいなクッキーの味がしますwww

 

 

生地が薄いのでカレーをすくって食べやすいです

 

 

インドカレーフリークな人はこのチャパティの魅力にハマる人も多いようです

 

 

管理人の絶対美味しいだろセンサーが働いた通販のインドカレー↓
チキンティッカマサラがおいしかったです

 

スパイシーなカレーの中に濃厚バターが絶妙にマッチ!チキンティッカとバターの旨みをお楽しみ...

 

 

チャパティの作り方